松戸オリエント協会のホームページ.
平成12年10月吉日開設

d

インターネット会報 目次

日本オリエント学会の公式HP



   マークの解説
 
 松戸オリエント協会とは
オリエントヘの誘い
ご挨拶と入会のご案内・・
         
    


 
松戸オリエント協会会報を作るにあたり、その名称を杉山先生にお願いしたところ、オリエントの意味する東と、わが国のあけぼの、あかつきを意味する東の雲、『
しののめ』に。そして 文字は、学びの志の能く萌え出ずる、を願ってと、『志乃能萌.としていただきました

 


 
       
 インターネット版について
 
         
       
 松戸オリエント協会掲示板
ご意見/ご質問をどうぞ
 
         

h20/12/2
  オリエント関係の書籍のご案内
     新刊のご案内 H20/12/20
 『シュメル』  目次
   

しののめ  バックナンバー
会の徽章は、しののめ(東の雲)因んで、古代のエジブト文字で作っていただくべく、専門家にお願いしたところ、雨の少ないエジプトでは、一語であらわすいことはできないとい言うことで、左の徽章になりました。Tante2



0
       
       
       
   イスラム教とはなにか 東京大学教授 
  中村廣治郎先生
   オリエント文明と砂漠 慶應義塾大学教授
  小川英雄先生
   ガンダーラ芸術と西アジア 仏教大学教授
         ガンダーラ  スライド   杉山二郎先生
   聖徳太子は実在するか
     
NHK 「そのとき歴史が動いた
聖徳大学教授
  石田尚豊先生
   
   四神の星空 監修 
    杉山二郎 

..





平成24年3月4日 杉山先生を偲ぶ会

平成9年4月26日 松戸オリエント協会創立五周年記念
杉山二郎先生 講演

ガンダーラ芸術と西アジア




目  次・・・・・・・・・・・・・
 
はじめに
内臓を持ったお釈迦様
仏教と脳死問題
平岩弓枝さんとの話
祭天の古俗
バウムクーヘン文化
移入された文化・文字
移入された文化・馬
移入された文化・裁縫
移入された文化・仏教
シルクロード
アレキサンダー東征の影響
アレキサンダーの遠征路
仏像をなめる
石の文化と粘土の文化
「昔々・・・」の歴史意識
「幻」を好むインド
ガンダーラにきたギリシア文化
目には見えないお釈迦様
お釈迦様
お釈迦様のサイン
幻のオリエントエキスプレス
オリエントの極東発信地・松戸
学者というもの
「ハナマルキ」のかげで
あとがき
 


 

・・・・しかしながら当時私は「杉山はほら吹きほら衛門」だ、とか、「杉山は何を一体何を考えてるんだ。地域社会というのはそんなものじゃない」などと言われちゃったんです。今日ここにお集まりの方でそのことをご存知の方もいると思いますが、(笑い)

・・・・それはお釈迦さんという人は「人間」で、いわゆる神様ではない、ということだからなのです。
悟りを開いた人間ですが、あくまでも「人間」だから、ちゃんと五臓六腑というものを持っている。
しかし「脳みそ」がないんです・・・・

・・・・田中角栄という人が「よっしゃ」とやったじゃないですか。あれなんですよ。
角栄の「よっしゃ」は西アジアから来たんです・・・・

・・・・
所有して触る、ということは単なる優越感じゃないんですよ。それで面構成というものを会得するんだから。
しかしほんとうは手で撫で回すだけでも不十分で、
ほんとうはなめないといけない。(笑)

下に続く






2
(続き)

・・・・この間も、「飛鳥」というのに乗ったときに、「あの男は一体どれだけしゃべれるか、エンドレストーキングをやろう」という話が出てきたんです。聞き手が参るか、話し手が参るかと言うんだな。
私はそのときに、「やってもおれが勝つに決まっている。そのかわり、そこにはビールを一ダース置け。それを飲みながらやったら、おまえたちが束になってかかってきても負けっこない」なんて言ったんですけれども、ま、こんなことは“まともな学者”のやることではない。(笑)